五段農園

栗の虫と貯蔵


栗が落ちてイガから出た時点で虫が入るものと思ってましたが、実際は木になってる時すでに入っています。
まだ実の若いうちに卵が産みつけられ、栗が熟す頃に孵化した幼虫が栗の実を食べて外に出てくる。

栗につく虫で代表的なのは、クリシギゾウムシ(クリミガについては後述)。
クリシギゾウムシの卵は、主に栗のお尻や果皮の境目に産み付けられ、栗が熟した頃に鬼皮と渋皮の間で孵化して、1週間ほどで10mmほどの白いコロンとした芋虫になって出てくる。
鬼皮に黒い小さな点があるのは卵が産みつけられた痕跡。穴が空いているようなのは、既に虫が出た後です。

かなりの確率で、卵は産み付けられているようですが、孵化する前に皮を剥いて食べてしまえばいい話。常温で1週間も置いておくと虫が出てくるので。(市場に出回る栗は、孵化しないよう燻蒸処理をしてあるそう)

でも、栗は採ってから1週間以上寝かせた方が美味しくなる。
虫が出ないように貯蔵しておく手はないものか?
卵が産みつけられた痕跡がある栗を除けるのも手だけど、孵化する前の段階で処理できればなお良い。(モチロン多少の虫喰いも、その部分を削れば問題なく食べられます。)

写真は、虫がいそうな栗の検証(白い矢印の先が、卵が産みつけられた痕跡)
IMG_1856

剥いてみると・・・虫がいたのは下段中央の一つだけでした。IMG_1858

痕跡があったのに虫がいないのは、まだ孵化していない、または、孵化しなかったか。
卵が孵化した場合、渋皮に沿って幼虫が移動した跡が黒く筋になって残ります。
黒い筋があっても虫がいない、喰われた形跡もない場合。おそらく、成長できなかったものと思われ。。。幼虫は栗に吸収されたのかな?

孵化している場合、幼虫がいるかのチェックは水につけてみればわかる。浮いてくる栗は、中に幼虫がいる。
また、一晩水に浸けてから冷蔵庫で貯蔵すれば大丈夫のようですが、強い個体や孵化のタイミングによっては虫が出るかも。
1週間後にチェックしてみたところ、、、140個中3個に虫が4匹いました。
うち1匹は、冷蔵庫(−1度)の中で栗に穴開けて脱出してた(ただし瀕死)。

80度のお湯で1分加熱してから冷蔵する方法がベストみたいです。
追記)煮すぎると不味くなるので、やっぱり生で冷蔵の方がいいかも。

ちなみに、虫が出そうな栗(黒い点がある)を選んで常温で置いておいたら。。。IMG_1883
1週間前後で、2mmくらいの穴が空いて10mm程の芋虫が出てきました。(日付が二つある栗)
16個中5個から12匹!毎日おもしろいように出てくる・・・
追記)その後、16個中10個から計20匹出てきました。

ちなみに。
この芋虫…クリシギゾウムシの幼虫を食用にする地方もあるらしい。
実際、栗味で美味らしい。まぁ、栗しか食べてないもんね。
リスのエサとして、虫喰い栗の需要もあるとか。

もう一つ、クリミガについて。
卵は、葉や実の基部に産み付けられ、孵化してから栗の中に入る。実を食べて太った後すぐにイガに入る。赤黒く細長い幼虫で、かなり大きくなって出てくるので、栗の実にできる穴は大きく、粒々の糞で汚れて、明らかに虫喰いとわかる。(ので、食用として出回ることはない)

by mimi

2 thoughts on “栗の虫と貯蔵

  1. 玉城 恵一

    栗から幸せをいっぱいいただいているとのこと。いいですね。じいじは、くりくり坊主のとし君にあいました。
    水泳の帰りでした。ままと一緒でした。バタフライができるようになったと喜んでいました。ままも5段農園の
    愛読者とのこと。
    栗の虫の幼虫が栗の味とは納得ですね。栗の幼虫が何かの薬になるといいですね。
    玉城

  2. ユウイチ Post author

    コメントありがとうございます。
    とし君も元気そうでなによりです。ブログも読んでいただいてありがとう!
    スイミングは続けられなくなりましたが、夏の間、水泳の授業には楽しく参加していました。

    栗虫、調べるほど面白いですね。
    中国では、栗虫の糞がお茶として珍重されてるそうですよ。ホントかしら?!
    m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA